フォトフェイシャルでしみやそばかすとByeBye|光の効果

顔

目元の美容治療

目

手術方法

二重まぶたにするための美容整形手術を受ける人がたくさんいますが、近年になり、その手術方法が変わってきました。どのように変わってきたのかというと、まぶたをメスで切る美容整形手術ではなく、メスを用いない美容整形手術が行われるケースが増えてきたのです。美容整形手術にはメスがつきものだと考えている人が多いですが、そのような固定観念を根底から覆してしまう手術方法が主流になりつつあります。メスを用いずにまぶたを二重にする手術は、一般的に埋没法と呼ばれています。これに対して、従来から行われてきたメスでまぶたを切る二重整形手術は切開法と呼ばれています。メスを用いない方法の方が患者が受けるダメージが少ないため、今後は埋没法が二重整形手術の主流になっていくのではないかと考えられています。

埋没法

埋没法による手術では、先程も述べたようにまぶたにメスが入れられません。まぶたを切らずにどうやって二重のラインを作るのかと疑問に思う人が少なくありませんが、手術用の糸を使ってまぶたに二重のクセをつけます。たまに、自ら希望して二重整形手術を受けたのにも関わらず、術後の自分の顔に違和感を抱いてしまい、元の状態に戻して欲しいと希望する人がいます。切開法による手術を受けた場合は、簡単に元の状態に戻すことはできません。なぜかというと、まぶたの皮膚の一部をメスで切除してしまっているためです。でも、埋没法による手術を受けた場合であれば、まぶたの裏側で留めている糸の結び目を解くだけで、簡単に手術前の状態に戻すことができます。ですので、二重整形手術に対して一抹の不安を抱えている人には、おすすめできる手術方法だということができます。